幹細胞化粧品と今までの化粧品の効果を比べてみました

幹細胞効果、洗顔

幹細胞効果、シャンプー
幹細胞化粧品が沸騰してきていますが、そもそも従来の化粧品と比較して、そんなに効果に違いがあるのでしょうか?
簡単にまとめてみました。

◆従来の化粧品

◎失った(足りない)成分を補う事が目的

肌のダメージに合わせて、油分や水分を補う成分や美容効果が期待出来る成分を配合する事で、肌に潤いやハリを与えます。
例→コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、コエンザイムQ10、アルブチン、ビタミンなど。

◆幹細胞化粧品

◎細胞そのものを活性化する事で、再生と防御をする(根本治療&ケア)

医療に近いケアが出来るので、従来の化粧品より高い効果が得られます。
例→細胞間物質、情報伝達物質、成長因子、ペプチドの活用など。

従来の化粧品が、外側からのアプローチに対して、幹細胞化粧品は内側(細胞の再生)のアプローチという点が全く違いますね。

ケア界の常識を覆す進歩だと思います。ただ価格が高いという点と、まだそれほどアンチエイジングが必要無い20代の女性よりは、40代以上の女性にお勧めで、使用前と使用後の変化もわかりやすいと思います。

動物由来→植物由来→ヒト由来(脂肪)→ヒト由来(神経)と、原料も進化してきています。アンチエイジングの最終兵器というのは、間違いないと思います。

●幹細胞化粧品の効果による差別化(シンエイク)

幹細胞化粧品は、世界各国、そして日本のメーカーも増えてきました。だだ幹細胞培養液を配合しているだけでは、他のメーカーとの差別化は出来ません。

そこで、どんな成功をW配合する事で、より効果的になっているかを調べてみました。

◆シンエイクとは?

幹細胞化粧品の他にも、注目の成功があります。それがシンエイクです。
シンエイクは塗るボトックスと言われています。つまりシワに効果があります。毒蛇の毒をヒントに生まれた成分ですが、毒は入っていません。人工的な成分です。
美容クリニックのボトックス注射よりは即効性は無いものの、継続する事で同じような効果が期待出来るという事で、アンチエイジング化粧品の中でも、大ヒットしている成分です。

老け顔の原因のNO.1は、シワ(ほうれい線)なので、小じわや深いシワが改善されて、弛んだラインがピンっとハリが戻れば、5歳は若返えると評判です。

幹細胞で内側から活性化して、シンエイクで外側からアプローチのW効果が贅沢だと思いました。
だって同じお金を払うなら、少しでも多く贅沢成分が入っている方がお買い得じゃないですか?

価格は2万円台くらいですが、定期購入にすれば1万円半ばまで値引きになるので、買いやすくなりますね。

●幹細胞化粧品の効果による差別化(フラーレン)

シンエイクも人気の成分ですが、他にも人気の成分を配合している幹細胞化粧品もあります。それがフラーレンです。

◆フラーレンとは?

フラーレンは、ダイヤモンドと同じ炭素から構成している物質で、フラーレンを発見したクロトー博士は、ノーベル化学賞を受賞しました。それだけ貴重な成分なんですね~

フラーレンの美容効果が大変優れていると分かったのは、抗酸化作用の凄さです。なんとビタミンCの172倍もあるそうです。

《フラーレンの効果》
・抗酸化作用(くすみ、シワなどの老化防止)
・肌のバリア機能の回復
・メラニンの色素沈着を防ぐ
・ターンオーバーの活性化
・脂肪(セルライト)の抑制
・コラーゲンを増加させ、ハリをアップ

フラーレンの長所は、デリケートな肌にも安心なところです。フラーレンは毒性や副作用がないという報告があります。(化粧品原料として化粧品工業会に登録済み)

もしデリケート肌なので、刺激が少ない方が良いという方は、フラーレン配合の幹細胞化粧品がお勧めだと思います。

シワが気になる方はシンエイク、くすみやシミが気になる方はフラーレンが良いかもしれないですね。

価格は2万円台で、定期購入で1万円台になるので、定期購入がお勧めですね。

●幹細胞化粧品の効果による差別化(その他)

シンエイクとフラーレンが人気を二分していますが、その他の人気の成分もあるので、一気に紹介したいと思います。

◆FGF(繊維芽細胞増殖因子)
繊維芽細胞を活性化する作用があります。コラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質を増やし、肌にハリを与えてくれます。
〈効果〉
・比田井などの深いシワの改善
・ほうれい線の改善
・目元などのくぼみの改善
・ニキビあとの改善

◆植物性プラセンタ
動物性プラセンタと違って、病気などの心配が無いので安心です。アミノ酸やビタミンが豊富なので、美肌効果が期待出来ます。アロエ、クロレラ、カッコンなどの胎座が利用されています。

◆マリンコラーゲン
たんぱく質の生成に必要なアミノ酸が含まれています。20種類のアミノ酸が統べて含まれています。
〈効果〉
・肌の水分量と油分量を調節
・メラニンの抑制
・皮膚がん、シミの予防
・脂肪分解
・ホルモンを整える
・ウイルスを抑制

◆ヒアルロン酸
水分保持能力が高く、たった1gで6Lの水を保持する事が出来ます。40代になると赤ちゃんの時の半分の量まで減ってしまいます。肌の乾燥やたるみの原因となるので、積極的に摂取が必要な成分です。

どのメーカーも話題の成分を配合したり、含有量を増やしたり、他との差別化をはかっています。自分の肌にはどの成分が必要かを考えて、商品を選ぶ事をお勧めします。