幹細胞化粧品の原料として、無限の可能性の植物由来成分

幹細胞原料、全身塗り
●選択肢が広がる植物由来の幹細胞

ヒト由来の幹細胞の原料は人の細胞で、動物由来の幹細胞の原料は羊の細胞です。

それに対して、植物由来の幹細胞は種類が複数あり、これからの研究によっては、もっと増える可能性を秘めています。
つまりは、選択肢が多いという事になります。

◆植物由来の幹細胞のメリット
ヒトや動物より採取しやすい点と、衛生面での心配が無いところが最大のメリットと言えると思います。
動物だとウイルスの心配や飼育時の環境の衛生問題などが懸念されているからです。
私的イメージですが、植物は人間や動物より生命力が強いと思うんです。道端の雑草がアスファルトを破って生えている姿を見ると、いつもその力強さに驚かされます。人間や動物じゃ、アスファルトを破る力は無いですよね~

◆植物からの幹細胞の採取方法
①葉や茎をカットする
②生体防御本能→カルス細胞
③カルス細胞を培養する
植物はどの部分からでも採取出来るメリットがあります。

植物由来の幹細胞は、ヒト由来の幹細胞と違い、カギとカギ穴の関係(細胞の形のようなもの)がピッタリ合わないという説もあります。
ただ研究途中で未知数な事も沢山あるので、ハッキリとは断言出来ないようです。

ただ抽出する植物の種類が多くなれば、化粧品のコストは安くなると思うので、原料として個人的には期待しています。

●野菜系由来(原料)の幹細胞とは?

植物由来の幹細胞には、大きく分けて2つあります。
野菜系由来と植物(草花)系由来です。

その野菜由来の幹細胞の中から、いくつかご紹介したいと思います。

◆トマト由来の幹細胞エキス
◆キャロット由来の幹細胞エキス
◆高麗人参由来の幹細胞エキス

トマトはリコピンの抗酸化作用、キャロットはカロチンの抗酸化作用、ビタミンAの皮膚や粘膜を正常化する作用が有名です。高麗人参は漢方薬でお馴染みで、疲労回復, スタミナ補給,病中病後の体力回復,滋養強壮, 虚弱体質の改善,血糖値を下げる作用(糖尿病)などの効果がある事も有名ですよね。野菜の中でも栄養素が高い事は、周知の事実です。
野菜の中でも、この3つが選ばれたのは納得出来る気がしました。

果物の幹細胞エキスもあります。
それはリンゴ幹細胞エキスです。4ヶ月たっても腐らないという奇跡のリンゴで、「ウトビラースパトラウバー」という種類のものです。
今ではたった4本しか残っていないそうです。絶滅危惧種なので、大変希少価値が高いリンゴなので、それだけでも凄い生命力を感じますね。

細胞の形は完全に一致しないかもしれませんが、野菜や果物は人間に欠かせない栄養素を供給してくれています。なので、やはり効果があるのでは?と個人的には思いますね。

●植物由来の幹細胞とは?

樹や草、花や葉などを原料とした幹細胞です。
その中でいくつかご紹介したいと思います。

◆バラ幹細胞エキス
◆緑茶幹細胞エキス
◆イネ幹細胞エキス
◆アサガオ幹細胞エキス

植物のカルスは、再分化する潜在能力が高いそうです。
ダマスクローズは、バラの中でもバラの女王と呼ばれています。一年でたった20日間しか咲かないバラで、最高の香りの為に、クレオパトラが愛用していたそうです。

バラは昔は薬として用いられたそうです。血行促進、冷え性改善、女性ホルモンや更年期障害のサポート作用、生理周期の改善などの女性特有の不調を整える作用があるそうです。
香りだけでは無く、病気にも効果があるのは意外でした。

そういった希少価値の高い植物の幹細胞も、私たちのカラダを元気にしてくれそうな気がしますね!

植物由来の幹細胞エキスには、アンチエイジング効果も期待出来るので、男性より女性に効果があるのかな?と思いました。

女性のカラダは、女性ホルモンの影響でかなりアップダウンがあるので、女性ホルモンを整えてくれる成分も同時に摂る方が、相乗効果で若々しい肌を取り戻せると思いました。

奇跡の樹と言われる「アルガンツリー」から抽出された幹細胞エキスも有名です。
モロッコの砂漠にある樹で、厳しい環境で生きている強い生命力を持っています。

比べてみると、希少で生命力が強い植物の幹細胞が選ばれている気がしますね。

●植物由来(原料)の幹細胞の特徴とメリット

◆植物由来(原料)の幹細胞の特徴とは?
・ポリフェノールを含み、抗酸化作用が高い。
・コラーゲンが増える作用があり、肌にハリを与える。
・メラニンを抑制出来るので、美白効果がある。
・肌荒れ改善効果がある。

植物由来成分は、自然の植物なので、安全性の高さがメリットです。また抽出のしやすさでは、ヒト由来や動物由来よりは勝っていると思います。

◆植物由来細胞エキスの用途

植物由来の幹細胞エキスは、どのような化粧品に使われているのか調べました。

・化粧水
・美容液
・クリーム
・パック
・BBクリーム
・石鹸

◆植物由来(原料)の幹細胞コスメの相場は?

定価で比較してみました。
・A社 アルガン由来美容液32mlで、11800円
・B社 リンゴ由来美容液30mlで、12700円
・C社 カミツレ由来美容液80ml 16200円

1万円~2万円の間が相場のようです。
ただ、定価で比較しているので、定価購入コースに申込むと、定価よりかなり安くなります。

ヒト由来や動物由来より採取や培養しやすいので、研究が進んで効率的に増やせる事が出来たら、もっと買いやすい価格になるような気がします。

◆シリーズで使うと効果的
化粧品の場合、基礎化粧品がシリーズになるケースが多いです。やはりシリーズで揃える方が効果的ですが、今使っている化粧品にプラスするなら、美容液がお勧めです。